• ディスプレイやタブレットなどの電子機器を使って情報を発信するシステム
  • 従来の看板(サイネージ)をデジタル化したものです。

工事現場用デジタルサイネージ:耐久性3年、レンタル価格見直しへ原価倍増:物価高騰と円安の影響
近年、工事現場におけるデジタルサイネージの導入が活発化しています。しかし、物価高騰と円安の影響で、デジタルサイネージの原価が倍増しています。

3年の耐久性:過酷な環境下での稼働
工事現場は、粉塵、振動、温度変化など、一般的な環境よりも過酷な条件下です。そのため、工事現場用のデジタルサイネージは、高い耐久性を備えている必要があります。

レンタル価格見直し:導入コストの増加
原価の増加を受け、工事現場用デジタルサイネージのレンタル価格の見直しが行われています。導入コストの増加は、ユーザーにとって大きな負担となります。

今後の展望:コスト削減と機能向上
今後、デジタルサイネージのレンタル価格は、さらに上昇していく可能性があります。一方、技術革新により、コスト削減と機能向上が期待できます。

影響を受けるユーザー
工事現場の安全管理や情報共有を目的として、デジタルサイネージを導入しているユーザーは、レンタル価格の見直しにより影響を受ける可能性があります。

代替案:中古品やレンタルサービス
コストを抑えるためには、中古品やレンタルサービスの利用を検討することもできます。

情報収集:最新情報をチェック
デジタルサイネージの導入を検討している場合は、最新の情報収集を行い、最適な方法を選択することが重要です。

Picture

工事現場用デジタルサイネージのターゲットユーザーは、主に以下の業種の方々です。

  • 建設会社: 現場の安全管理、工程管理、情報共有などに利用
  • ゼネコン: 資材管理、人員管理、コミュニケーションツールとして利用
  • 鳶職: 安全教育、作業指示、コミュニケーションツールとして利用
  • 建築会社: 設計図の閲覧、工程管理、施主とのコミュニケーションなどに利用
  • 設備業者: 設備の設置状況、メンテナンス情報、顧客とのコミュニケーションなどに利用

JDIDホールディングス株式会社は、工事現場用デジタルサイネージの開発に取り組んでいる企業です。この技術は、工事現場での安全管理と近隣住民への適切な告知を両立させるために活用されています。

工事現場用デジタルサイネージの特性について詳しく見てみましょう

  1. 効果的な工事告知: 従来の紙の告知では見過ごされることもありますが、デジタルサイネージならば注目度が高まります。近隣住民への工事告知を効果的に行える点が大きな魅力です。
  2. 一斉同報機能: 各種デジタル端末への一斉同報が可能です。近隣住民だけでなく、関係する業者や関係機関にも瞬時に情報を伝えることができます。
  3. 利便性: ゼネコンや建機レンタル会社にとっても利便性が高いです。現場ごとに紙の告知を作成する手間を省き、簡単かつ効率的に工事情報を発信することができます。

工事現場用デジタルサイネージの使い方についても考慮しましょう

  • 設置場所と表示内容: サイネージを人目につきやすい場所に設置し、わかりやすい表示内容にすることで、近隣住民が工事に対する理解を深めることができます。
  • 配信手法: 工事日程や注意事項を適切に伝えるために、近隣住民への配信手法を工夫する必要があります。メールやSNSなど様々な手段を組み合わせ、効果的な告知を行いましょう。​工事現場用デジタルサイネージは、近隣住民の安全を守るために欠かせないツールであり、ゼネコンや建機レンタル会社にとっても利便性が高いです。​

​工事現場用デジタルサイネージは、近隣住民の安全を守るために欠かせないツールであり、ゼネコンや建機レンタル会社にとっても利便性が高いです。将来的にはさらなる発展が期待されていますJDIDホールディングス株式会社の、国交省NETIS登録KT-130012-VE型の工事現場用デジタルサイネージは、以下の特徴により支持されています。

  1. 設置・撤収がスピーディー:キャスター付きで移動が容易です。
  2. 業界初の屋外型:雨天でも使用可能です。
  3. 大きくて見やすい32・49・55・65・75インチ画面:表示色は1670万色で、視認性が高いです。
  4. カラーユニバーサルデザイン対応
  5. 高輝度液晶ディスプレイ採用:視認性が向上し、工事完成後のイメージ画像や写真の表示も可能です。
  6. 表示内容の変更が容易:施工性が向上します。
  7. 設置枚数が削減:施工性が向上します。

これらの特徴により、KT-130012-VE型のデジタルサイネージは、工事現場の情報伝達を効率化し、作業環境の改善を図ることが可能になります。また、災害時には発電機から電源を取ることができ、道案内表示やテレビ、インターネットの画面を流すなど、工事現場周辺地域への貢献ツールとしての機能も果たすことができます。

デジタルサイネージレンタル サイト