2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

公共工事におけるNETISの位置付け

NETIS(新技術情報提供システム)は、国土交通省が提供する、公共工事等における新技術の普及・活用を促進するための情報提供システムです。

NETISは、以下の役割を担っています。

  • 新技術の情報発信: 新技術の開発状況、性能、活用事例などを広く情報発信することで、関係者への認知度向上と理解促進を図ります。
  • 技術評価・活用支援: 専門家による技術評価や、活用方法に関するガイドラインの策定などを通じて、新技術の適切な評価と円滑な活用を支援します。
  • 情報共有・交流促進: 関係機関や民間企業の情報共有や交流の場を提供することで、新技術の開発・実用化に向けた連携を促進します。

NETISは、公共工事における技術革新を推進し、安全・安心で質の高いインフラの整備に貢献することを目的としています。

具体的には、NETISに登録された技術を活用することで、以下の効果が期待できます。

  • コスト削減・品質向上: 新技術を用いることで、従来の技術よりもコストを削減したり、品質を向上させたりすることが可能になります。
  • 施工の効率化: 新技術を用いることで、施工の工程を簡略化したり、作業時間を短縮したりすることが可能になります。
  • 環境負荷の低減: 新技術を用いることで、エネルギー消費量を削減したり、廃棄物量を減らすことが可能になります。

NETISは、公共工事における技術革新の重要なツールとして位置付けられており、関係者から広く利用されています。

NETISの活用メリット

NETISを活用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 発注者:
    • 新技術の情報収集と評価が容易になる
    • 適切な技術を選定し、質の高い施工を確保できる
    • 工事コストの削減や工期短縮が可能になる
  • 施工業者:
    • 新技術に関する情報を入手し、自社の技術開発に役立てることができる
    • NETIS登録技術を活用することで、競争力を強化できる
    • 工事成績評定点の向上につながる
  • コンサルタント:
    • 新技術に関する情報収集と評価が容易になる
    • 発注者に対して、適切な技術を提案できる
    • 施工業者に対して、技術指導やサポートを行うことができる
NETISの今後の展望

NETISは、今後も更なる機能拡充と情報発信を強化していく予定です。具体的には、以下のような取り組みが推進されています。

  • AI技術の活用: AI技術を活用した情報検索機能や、技術提案支援機能の開発
  • 海外との連携: 海外の類似システムとの連携による情報共有の促進
  • 民間企業の参画促進: 民間企業の参画を促進するための制度整備

NETISは、公共工事における技術革新を推進し、日本のインフラ整備の更なる発展に貢献していくことが期待されています。


Copyright © JDIDホールディングス株式会社All rights Reserved.