• アバターと呼ばれる自分の分身を使って、仮想空間内を自由に移動したり、他のユーザーと交流したりできます。
  • 現実世界とは異なる体験やコミュニケーションを通して、経済活動も生まれます。
  • コミュニケーションだけでなく、教育、ビジネス、エンターテイメントなど、様々な分野で活用されています。

​I. エグゼクティブ サマリー

1. 歴史と背景
JDID ホールディングス株式会社は、2020年に設立された、XR メタバースプラットフォームの開発と運用を行う企業です。私たちは、建設業界におけるデジタル化(DX)を推進し、次世代の建設 DX 分野メタバースの実現を目指しています。

2. 技術競争力
JDID は、独自の XR 技術とブロックチェーン技術を融合させた、以下の強みを持つメタバースプラットフォームを開発しています。
・リアルなアバターと空間の実装: 高度なアバターモデリングと空間表現技術により、没入感の高い仮想空間を実現します。
・AI を活用したグローバルコミュニケーション:AI 翻訳や音声認識技術を用いて、言語の壁を超えたコミュニケーションを可能にします。
・分散型オープンメタバース: ユーザーが自由に創造・参加できる、オープンなメタバース環境を提供します。
・インフラ技術:高度なセキュリティとスケーラビリティを実現する、独自のインフラ技術を構築しています。

3. ビジネスの可能性
JDID は、以下の分野において大きなビジネスチャンスを捉えると考えています。
建設 DX 分野メタバース:建設現場のバーチャル見学、リモートワーク、教育・研修など、建設業界における様々な業務を効率化・高度化します。
NFT マーケットプレイス建設資材や設計図などの NFT 発行・販売プラットフォームを運営します。
メタバース広告:メタバース空間における広告配信サービスを提供します。

4. 事業展開戦略
JDID は、以下の戦略で事業を展開していきます。
・メタバースプラットフォームの開発・運用:独自技術を活用した、高品質なメタバースプラットフォームを提供します。
・建設業界向けソリューションの提供: 建設 DX 分野メタバースを活用した、様々なソリューションを提供します。
・NFT マーケットプレイスの運営:建設資材や設計図などの NFT 発行・販売プラットフォームを運営します。
・メタバース広告の配信:メタバース空間における広告配信サービスを提供します。

. ビジョンと目的
JDID のビジョンは、「建設業界におけるデジタル化を推進し、次世代の建設 DX 分野メタバースを構築する」ことです。
このビジョンを実現するために、以下の目的を掲げています。
・建設業界におけるメタバースの普及と活用促進
・建設 DX 分野メタバースの標準化
・建設業界における新しいビジネスモデルの創出

II. 製品の状態

1. 製品の説明
(1)フォトリアルな XR メタバース プラットフォーム
高度なアバターモデリングと空間表現技術により、まるで現実世界にいるような没入感の高い仮想空間を実現します。
(2)分散型オープンメタバース
ユーザーが自由に創造・参加できる、オープンなメタバース環境を提供します。
(3)NFT&ブロックチェーン
建設資材や設計図などの NFT 発行・販売プラットフォームを運営します。
(4)次世代建設 DX 分野メタバースに向けたリテンション要素
建設現場のバーチャル見学、リモートワーク、教育・研修など、建設業界における様々な業務を効率化・高度化するソリューションを提供します。

Ⅲ. 市場状況

1. 市場規模と予測
(1)メタバースマーケット
グローバルなメタバース市場は、2023 年には約 3,150 億米ドル、2028 年には約 8,150 億米ドルに達すると予測されています。
(2)建設 DX 分野メタバースマーケット
建設 DX 分野メタバース市場は、2023 年には約 10 億米ドル、2028 年には約 100 億米ドルに達すると予測されています。
(3)NFT&ブロックチェーン市場
グローバルな NFT&ブロックチェーン市場は、2023 年には約 300 億米ドル、2028 年には約9,900 億米ドルに達すると予測されています。

 2. 規制状況 
(1) 世界主要国のメタバース対応と規制状況
世界各国では、メタバースへの対応と規制に関する議論が進んでいます。現時点では明確な規制枠組みは存在しませんが、データ保護や知的財産権などに関する規制が導入される可能性があります。