2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

建設infoboothの有用性

情報伝達の効率化と正確性

  • リアルタイムで情報更新が可能になり、関係者への情報伝達が迅速かつ正確に行えます。
    • 工事の進捗状況や変更内容を、すぐに現場や関係者に共有できます。
    • 誤解やトラブルを防止し、円滑な工事進行を実現できます。
  • 工事関係者だけでなく、周辺住民への情報提供にも役立ちます。
    • 工事内容やスケジュールを分かりやすく表示することで、住民の理解と協力を得やすくなります。
    • 工事による騒音や振動などの対策を周知し、苦情を減らすことができます。

コスト削減

  • 印刷や配布にかかる費用を大幅に削減できます。
    • 紙の掲示物やパンフレットを作成する必要がなくなるため、印刷代や配布代を節約できます。
    • 情報の更新頻度が高い場合でも、コストを抑えられます。
  • 情報の掲載や更新作業にかかる時間も削減できます。
    • Webブラウザから簡単に情報更新できるため、作業効率が向上します。
    • 人件費の削減にもつながります。

情報セキュリティの向上

  • 情報の改ざんや漏洩を防ぐことができます。
    • アクセス権限を管理することで、不正アクセスを防ぎます。
    • 情報の更新履歴を記録することで、改ざんや漏洩があった場合でも追跡することができます。

環境負荷の低減

  • 紙の使用量を減らすことで、環境負荷を低減できます。
    • 省資源化に貢献し、CO2排出量の削減にもつながります。
    • SDGsの達成にも貢献できます。

多言語対応

  • 外国人労働者への情報提供にも活用できます。
    • 多言語で情報を表示することで、外国人労働者の理解を促進できます。
    • 安全教育や作業指示を分かりやすく伝えることができ、労災事故の防止にも役立ちます。

その他

  • 工事現場の見える化を促進し、関係者間のコミュニケーションを活性化することができます。
  • 情報の一元管理が可能になり、情報共有の効率が向上します。
  • 将来的には、AIやビッグデータ分析などの技術を活用した、さらに高度な情報提供機能の開発も期待できます。
課題
  • 初期導入費用がかかる。
  • システム運用のためのノウハウが必要となる。
  • 情報セキュリティ対策を徹底する必要がある。
まとめ

NETIS:KT-220152-A 建設infoboothは、建設現場の情報伝達、コスト削減、情報セキュリティ、環境負荷低減、多言語対応など、様々なメリットを持つ有用な技術です。

初期導入費用や運用ノウハウなどの課題もありますが、これらの課題を克服することで、建設業界全体の効率化とDX推進に大きく貢献することが期待できます。


Copyright © JDIDホールディングス株式会社All rights Reserved.