【募集】
支局・代理店・WEB代理店


近年、建設業界において人手不足や高齢化が深刻化しており、安全性の向上や生産性の向上が課題となっています。こうした課題を解決するため、ICT(情報通信技術)の導入が積極的に進められています。

建設infobooth採用のメリット

国交省NETIS登録:建設infobooth は、工事現場の情報をデジタルサイネージとwebを連携させて一元的に掲示するシステム。国土交通省が掲げるデジタルサイネージの活用に沿ったシステムで、NETISに登録されています。工事現場の安全管理や周辺住民への情報提供に役立ちます。

アナログ管理
クラウド管理
建設現場の情報掲示義務は、主に以下の2つの法令に基づいています。

1. 建設業法

建設業法では、建設業者に対して、工事現場に標識を掲示する義務を課しています(建設業法第27条)。標識には、以下の事項を記載する必要があります。

2. 建築基準法

建築基準法では、建築主に対して、建築工事の現場に建築計画書及び確認済証を掲示する義務を課しています(建築基準法第56条の4)。建築計画書及び確認済証には、以下の事項を記載する必要があります。

その他

上記に加え、以下のような情報も掲示することが望ましいとされています。

これらの情報は、工事現場の周辺住民が、工事の内容や進捗状況を把握し、必要な情報を得るために必要です。また、工事による影響について、事前に理解しておくことで、不安や苦情を解消する効果も期待できます。

情報掲示の重要性

情報掲示は、工事現場と周辺住民の円滑な関係構築に不可欠です。建設業者及び建築主は、法令で定められた義務を遵守するだけでなく、住民目線に立った情報発信を心がけることが重要です。

•建設現場には場所により数百人規模の作業員が従事している。現場での情報共有の手段として、大画面ディスプレイを使って説明、指示などを行えばとても効率がよい。

•日中は近隣住民など公衆向けに、工事日程、騒音・振動計の数値や、ニュースを始めとする「地域のコミュニティ情報」を掲載することで、建設工事のイメージアップを図るツールとして活用できる。

•工事現場においては、近隣住民の「安全」と「理解」は最重要課題のひとつ。住民への細やかな案内掲示、サービスで良好な関係構築に一役買うことができる。

•DX(デジタルトランスフォーメーション)時代を推進する今、5G普及により動画などのリッチコンテンツの表示もできるようになった。

建設infoboothとは?

•国土交通省より令和4年1月27日付で建設業者に向けて『施工体系図及び標識の掲示におけるデジタルサイネージ等の活用について』との通達が発出された。

•通達によれば、法令により掲示義務のある「施工体系図」、「標識」について、従来の書面形式だけでなく、デジタルサイネージでの掲示が可能と謳っている。

•また、同通達では、掲示の効果を最大限に活かすために、ウェブページ(インターネット)を併用することを要件として掲げている。

代理店業務フロー

デジタルサイネージとwebを連携させて一元的に情報を掲示するシステムであり、国交省が掲げる、“デジタルサイネージを書面に代えて使用するための要件”を満たすとともに、各企業が取り組んでいる社会貢献活動を広くピーアールできる媒体としても位置づけられ、さまざまな情報発信ができるシステムとして構築されている。

•当社では、このシステムの導入を全国の建設業者に働きかけ、工事現場のICT化に貢献するとともに、社会貢献など企業の情報開示の拠点としてデファクトスタンダートとなるべく広く展開していく。

•全国の都道府県にそれぞれ1社ずつ「支局」を設置、地方の特性を生かした建設infobooth展開を推進する。

•支局は、都道府県単位に、建設工事現場等をめぐり、建設nfobooth
への参加を積極的に誘致する役割を担う。

•例えば、各地のゼネコンの工事現場の現状を現地にて取材、写真や担当
者インタビュー等によって建設infobooth 記載の内容充実を図り、支局収益の向上を目指していただく。


JDIDホールディングスグループのコンセプト
未来を創造する革新的なデータセンターソリューション

このコンセプトは、以下の3つの柱で構成されています。

  1. データセンターインフラの革新 AIやIoTなどの先進技術を活用した、高性能・高効率なデータセンターインフラの構築を目指します。
  2. データプラットフォームの構築 データ収集・分析・利活用のためのデータプラットフォームの構築により、顧客のビジネス課題解決を支援します。
  3. グローバル展開 日本国内だけでなく、海外市場への展開も積極的に進めていきます。
以下の事業展開を行っています

JDIDホールディングスグループは、これらの事業を通じて、顧客のデジタルトランスフォーメーションを支援し、社会の発展に貢献していきます。

JDIDホールディングスグループは、今後も革新的なデータセンターソリューションを提供することで、顧客のビジネス課題解決に貢献し、社会の発展に貢献していきます。


🔗公式ホームページ
人とテクノロジーの力で新しい価値を創造
🔗建設infobooth
建設現場の透明性を高め安全安心なまちづくりへ
🔗株式会社インフォブース
あらゆるニーズに対応した工事現場用サイネージ
🔗工事現場用デジタルサイネージ
長年の実績と信頼に基づいた安心できるパートナーシップを提供します
🔗各種大型LEDサイネージ
広告事業用サイネージをサポートします
弊社JDIDホールディングスの長年のビジネスパートナーでもありメタバース技術提携先の、韓国の3D Factoryは、2024年1月29日にサウジアラビア市・行政・住宅省が監督するターイフ市の「トータル・アドバタイジング・プランニング・アンド・エグゼキューション」プロジェクトの契約を締結しました。その後、3月18日には韓国のサムスン電子と契約を締結しています。このプロジェクトは、ターイフ市の都市景観を改善し、市民の生活の質を向上させることを目的としています。
弊社JDIDホールディングスの長年のビジネスパートナー3DFactory社は、スペイン王立サッカー連盟(RFEF)と契約し、ラ・リーガのレアル・マドリードCFやFCバルセロナを含む172のクラブのコンセッションを獲得しました。これは、3D Factoryにとって大きな飛躍であり、ヨーロッパのサッカー界におけるプレゼンスを大幅に強化することになります。

Copyright © JDIDホールディングス株式会社 All rights Reserved.