建設infobooth

建設infoboothとは?

web❌デジタルサイネージ

建設infoboothは、国土交通省が定めるデジタルサイネージの活用要件を満たした、工事現場の情報をデジタルサイネージとWebで一元管理・掲示するシステムです。NETISにも登録されており、公共工事の発注者や施工者に対して、技術の特徴や効果、事例などの情報を提供するシステムです。

従来の紙ベースでの情報共有からデジタル化への移行を加速させ、建設現場の安全管理情報公開を効率化します。

建設infoboothの主な機能

  • 工事看板の情報(工事名、発注者、施工者、期間など)をデジタルサイネージに自動表示
  • 工事の進捗状況や予定変更などの情報を、WebサイトやSNSなどに自動反映
  • 現場周辺住民向けのお知らせや、安全に関する情報などをわかりやすく表示
  • 多言語対応で、外国人労働者にも情報を提供
  • 工事関係者向けの情報(図面、仕様書など)を閲覧可能
  • 工事現場のライブ映像を配信

建設infoboothのメリット

  • 情報の伝達が迅速かつ確実に行える
  • 情報の更新が簡単
  • 工事現場の景観を損なわない
  • 紙の印刷コストを削減できる
  • 情報公開の透明性を高めることができる
  • 工事関係者間のコミュニケーションを円滑にすることができる

建設infoboothの導入事例

  • ゼネコン
  • 建機レンタル会社
  • 鳶職
  • 建築会社
  • 自治体

建設infoboothの導入費用

  • デジタルサイネージの大きさや機能によって異なる
  • 数十万円から数百万円程度

建設infoboothのレンタル

  • 購入以外にも、レンタルすることも可能
  • 短期間の利用にも対応

web❌デジタルサイネージ

32

KT-220152-A infobooth

55

KT-220152-A infobooth

75

KT-220252-A infobooth

支局・代理店・web代理店/募集

2020年に設立されたJDIDホールディングス株式会社は、XRメタバースプラットフォームの開発と運用を行う企業です。建設業界における情報共有の課題を解決するため、VR/AR/MRなどの先端技術を活用したメタバース空間「建設メタバース」を開発・提供していきます。

募集概要

  • 都道府県支局
    • 資本金:500万円以上
    • 従業員数:5名以上
    • 建設業界での営業経験が豊富な人材
  • 地区代理店
    • 資本金:300万円以上
    • 従業員数:3名以上
    • 地域の顧客とのネットワーク
  • Web代理店
    • 個人・副業歓迎
    • 従業員数:不問


建設infobooth 支局・代理店・web代理店の業務内容

支局は、全国各地に設置されており、製品の販売・レンタル、工事情報のデジタル化ソリューションのコンサルティング、顧客サポートなどを担当しています。

代理店は、建設infobooth製品の販売・レンタル、工事情報のデジタル化ソリューションのコンサルティングなどを担当しています。

web代理店は、建設infoboothのwebサイトを通じて製品・サービスの販売を行っています。

具体的な業務内容は以下の通りです。

支局

  • 建設infobooth製品の販売・レンタル
  • 工事情報のデジタル化ソリューションのコンサルティング
  • 顧客サポート
  • 工事現場への訪問・デモンストレーション
  • 研修・セミナーの実施
  • イベントへの出展

代理店

  • 建設infobooth製品の販売・レンタル
  • 工事情報のデジタル化ソリューションのコンサルティング
  • 顧客サポート
  • 自社製品・サービスとの連携ソリューションの開発・販売

web代理店

  • 建設infobooth製品・サービスの販売
  • 顧客サポート
  • ウェブサイトの運営・管理
  • オンラインマーケティング

各業務の詳細

  • 建設infobooth製品の販売・レンタル
    • 工事現場向けデジタルサイネージ
    • 工事情報のデジタル化ソリューション
    • メタバースプラットフォーム
  • 工事情報のデジタル化ソリューションのコンサルティング
    • 工事情報の収集・整理
    • デジタルサイネージコンテンツの作成
    • 工事情報のweb公開
    • 情報共有のためのワークフローの構築
  • 顧客サポート
    • 製品・サービスに関する問い合わせへの対応
    • トラブルシューティング
    • 操作方法の指導
  • 工事現場への訪問・デモンストレーション
    • 建設infobooth製品・サービスの説明
    • デモ機の設置・操作
    • 顧客のニーズに合わせた提案
  • 研修・セミナーの実施
    • 建設infobooth製品・サービスの使い方に関する研修
    • 工事情報のデジタル化に関するセミナー
  • イベントへの出展
    • 建設infobooth製品・サービスの紹介
    • 顧客との交流

建設infoboothの支局・代理店・web代理店に興味がある方は、以下のURLから詳細をご覧ください。

🔗公式ホームページ

建設DXの概要

DXとは、Digital Transformationの略称で、デジタルトランスフォーメーションは、デジタルテクノロジーによる、新たなビジネスプロセス・文化・顧客体験を創造して、ビジネスや市場のデジタル技術の活用による変革を意味します。建設業界は、人手不足、技術継承の課題、生産性の低さなどの課題を抱えています。建設DXは、これらの課題を解決し、建設業界全体の競争力向上を目指す取り組みです。

建設DXの目的

建設DXの目的は、以下のとおりです。

  • 人手不足の解消
  • 技術継承の円滑化
  • 生産性の向上
  • 安全性の向上
  • コスト削減
  • 環境負荷の低減
  • 顧客満足度の向上

建設DXで活用される技術

建設DXで活用される技術は、以下のとおりです。

  • BIM/CIM
  • AI
  • IoT
  • ロボット
  • ドローン
  • クラウド
  • ビッグデータ

建設DXの現状

建設DXは、まだ始まったばかりの取り組みですが、近年急速に注目されています。政府は、2025年までに建設現場における生産性を2割向上させることを目標に掲げており、建設DXの推進に向けた施策を展開しています。

建設DXの課題

建設DXには、以下の課題があります。

  • 人材不足
  • コスト
  • 法制度
  • セキュリティ

建設DXの事例

建設DXの事例は、以下のとおりです。

  • BIM/CIMを用いた設計・施工
  • AIを用いた工程管理
  • IoTを用いた設備管理
  • ロボットを用いた作業
  • ドローンを用いた検査

建設DXの今後

建設DXは、建設業界の未来を大きく変える可能性を秘めています。今後、ますます多くの企業が建設DXに取り組んでいくことが予想されます。

建設業界の今後10年間の展望

1. 人材不足の深刻化

  • 高度経済成長期に建設されたインフラの老朽化や、東京オリンピック・大阪万博などの大規模プロジェクトの影響で、今後10年間は建設需要が高止まると予想されています。
  • 一方で、少子高齢化による労働力人口の減少や、建設業界特有の3K問題(きつい、汚い、危険)から、深刻な人材不足が懸念されています。

2. 技術革新の進展

  • 人材不足を補うため、建設業界ではロボット技術やAIなどの技術革新が急速に進んでいます。
  • BIM(Building Information Modeling)やCIM(Construction Information Modeling)などの情報化技術の活用も進み、施工の効率化や品質向上に貢献しています。
  • 今後10年間は、これらの技術革新がさらに進展し、自動化や高度化が加速することが予想されます。

3. デジタル化の推進

  • 国土交通省は、建設業界におけるデジタル化推進に向けた「i-Construction」を推進しています。
  • i-Constructionでは、ドローンやAIなどを活用した施工現場の見える化や、ICTを活用した施工管理の高度化などが進められています。
  • 今後10年間は、i-Constructionの取り組みがさらに進展し、建設業界全体のデジタル化が加速することが予想されます。

4. 脱炭素社会への対応

  • 地球温暖化対策として、温室効果ガスの排出量削減が求められています。
  • 建設業界では、省エネ性能の高い建築物の建設や、再生可能エネルギーの利用促進などが進められています。
  • 今後10年間は、脱炭素社会への対応がますます重要になり、環境負荷の低減に貢献できる技術や製品が求められることになります。

5. 新規事業への参入

  • 人口減少や高齢化社会の進展に伴い、介護施設や高齢者向け住宅などの建設需要が高まると予想されています。
  • また、近年では、災害復旧やインフラメンテナンスなどの分野も成長市場として注目されています。
  • 今後10年間は、建設業者はこうした新規事業への参入を進め、事業の多角化を図ることが重要になります。

6. 海外市場への展開

  • 日本の建設技術は世界的に高い評価を受けており、近年は海外市場への展開も進んでいます。
  • 一帯一路構想などの影響もあり、今後10年間は新興国を中心に海外市場の成長がさらに進むことが予想されます。
  • 建設業者は、海外市場のニーズに合わせたビジネスモデルを構築し、積極的に海外展開を進めていくことが重要になります。

7. 働き方改革の推進

  • 建設業界では、長時間労働や低賃金などの問題が指摘されており、働き方改革が推進されています。
  • 近年では、週休二日制の導入や、残業時間の削減などの取り組みが進んでいます。
  • 今後10年間は、働き方改革がさらに進展し、建設業界全体の労働環境が改善されることが期待されます。

8. 安全対策の強化

  • 建設現場は事故発生リスクの高い場所であり、安全対策の強化が重要課題となっています。
  • 近年では、安全管理体制の強化や、労働災害防止教育の徹底などが進められています。
  • 今後10年間は、安全対策の強化がさらに進展し、建設現場における事故がゼロになることを目指していく必要があります。

9. 地域活性化への貢献

  • 建設業は、地域経済の活性化に重要な役割を果たしています。
  • 地域のニーズに合わせた公共施設や民間施設の建設、地域住民の雇用創出など、建設業は地域社会に貢献することができます。
  • 今後10年間は、建設業者が地域活性化に貢献していくことがますます重要になります。

10. 消費者ニーズへの対応

  • 消費者のニーズは多様化しており、高品質な住まいへのニーズや、環境に配慮した住まいへのニーズなどがますます高まっています。
  • 建設業者は、こうした消費者ニーズに対応した住宅や施設を建設していくことが重要になります。

建設業界は、今後10年間、人材不足、技術革新、デジタル化、脱炭素社会への対応、新規事業への参入、海外市場への展開、働き方改革の推進、安全対策の強化、地域活性化への貢献、消費者ニーズへの対応などの様々な課題と展望に直面することになります。

これらの課題を克服し、展望を実現していくためには、建設業界全体で協力し、イノベーションを推進していくことが重要です。


松本洋三

代表取締役
JDIDホールディングス株式会社